baseball

  • Effects of Weighted Balls on Pitching Mechanics: A Full Signal Analysis

    Dr. Glenn Fleisig and his research group at ASMI published a study—as we have at Driveline—investigating the effects of weighted…

    Read More »
  • 2021 Dodgers Top 50 Prospects: 30-21 – Dodgers Digest

    Robinson Ortiz. Photo by: Cody Bashore We have reached the Top 30 of my Top 50 prospects countdown. You’re going…

    Read More »
  • Recreating and Validating 3-7oz Ball Research

    Weighted ball training has grown in popularity in recent years, but although there have been numerous papers on the effectiveness…

    Read More »
  • Gavin Lux’s runway, notable game highlights, Andrew Toles update – Dodgers Digest

    Baseball now truly feels back with games starting up again, and we have some highlights from those, as well as…

    Read More »
  • Welcome Daniel Preciado & Max Bay to Dodgers Digest – Dodgers Digest

    Much like the Dodgers seem to do every off-season, Dodgers Digest has also again made upgrades to its roster, adding…

    Read More »
  • World Champion Dodger baseball is back – Dodgers Digest

    Mookie Betts (Photo: Cody Bashore) Hey, baseball is back. It seems like just yesterday that the Dodgers closed out the…

    Read More »
  • Strategies for Optimizing Failure – Driveline Baseball

    Those of us living within the world of competitive sport have heard it all when it comes to failure. It’s…

    Read More »
  • How the Fernando Tatis Jr., contract extension could impact Corey Seager – Dodgers Digest

    Corey Seager. Photo by: Cody Bashore In case you missed it last week, the Padres signed Fernando Tatis Jr. to…

    Read More »
  • ハイパフォーマンス評価プロセス:フォースプレートを使用した強度試験

    ドライブラインではフォースデックスのフォースプレートシステムを使用して様々な強度アセスメントをしています。 近日中に、ドライブラインの各アセスメントについての分析記事を順次投稿していきます。 どの様にパフォーマンスするか。 どの様なインフォメーションを得ることが出来るのか。 どの様にプログラミングに反映させるか。 この紹介記事では、ドライブラインで利用しているアセスメントプロセスの簡単な概要と環境を解説します。現在、プロトコールは次のように構成されています: アイソメトリック(等尺性)太ももプル (IMTP) :下半身の最大強度を図るテスト。アスリートがどれだけの力を行使することが出来るのかが示される。 カウンタームーブメントジャンプ(CMJ):短時間で強力な成果を生み出すカウンタームーブメント(反動)を使い下半身の爆発的筋力を評価するテスト。 スクワットジャンプ(SJ) :短時間で強力な成果を生み出す静止した状態から下半身の爆発力を評価するテスト。 リピート・ホップ・テスト:ダイナミックな成果を作り出す、エキセントリック(伸張性収縮)からコンセントリック(短縮性収縮)に素早く移行する能力を測る下半身反応力テスト。 予備的な分析では、いくつかのアセスメント指標とピッチング速度や出口速度などのスキルの結果との間に、中程度の相関関係があることが示されていますが、これらの特性を見てみると我々がテストしているような完璧なレシピや公式は存在しない事に注意することが重要です。 我々がテストしている一般的な物理的特性以外にも、個々の組織特性、筋肉の挿入点、機械効率、および多くの場合アスリート特有の他の要因が常に関与していることを理解した上でアセスメントデータを観ます。 我々は通常、バケツに水を入れる例えを使って筋肉トレーニングにアプローチしますが、アスリートのアセスメントの結果からどのバケツにどの程度水を入れれば良いのかが分かります。 例として、このアスリートは優れた最大筋力をIMTPテストで出しています。爆発的筋力が平均的で、ジャンプテストでは反応能力が劣っています。このような選手のプログラムでは一般的に爆発的筋力強化と、ヘビーリフティングの水準保持などプライオメトリックストレーニングに重点を置き組み立てます。爆発的筋力バケツと反応能力バケツに水を入れつつ、最大筋力のバケツを出来る限り満たしたままにすることをにします。 評価頻度 ジムでは先ず最初の週にアスリートのアセスメントをします。その後は6週間に1度再テストを行います。6週間のブロックに分けることにより、トレーニングの無駄を省き、投球やリフティングのプログラムを妨げることなく、アスリートの成長を追跡してプログラミングを進めることができます。 テストはモニタリングとは異なり、定期的に(例、6週間ごとに)実行されますが、モニタリングは継続的に、または非常に短い間隔で(例、毎リフティングの開始時に)実行されます。…

    Read More »
  • Dodgers acquire prospect Ryan Noda from Blue Jays to complete Ross Stripling trade – Dodgers Digest

    The Dodgers acquired outfielder Ryan Noda from the Blue Jays to complete a 2020 deadline deal that sent Ross Stripling…

    Read More »
Back to top button